パート時給が高くなくてもカードローンを利用するよりはマシ

パートを選ぶ際に時給の高さだけで選んでは失敗する場合もあります。まず交通費など全額出るか、一部支給の場合はいくらなのか面接できっちり確かめることです。

 

時給が良くても交通費がマイナスだと手出しになり結局意味のない場合があるからです。

 

おすすめのパート先は家から近い、もしくは全額交通費が出る、制服がある、まかないなど何らかの特典がある、というところでしょうか。

 

飲食店など忙しくきついイメージがあり実際そうなんですが、制服があるため普段の通勤着は自由なためお金がかかりません。また食事は安く食べられる、もしくはまかないとして支給してもらえる場合もあります。

 

期限の切れそうな食材などもらえる場合もあります。これは一例ですが、要は自分の給料からいかに必要経費がかからないようにするかがお金を貯めることができるかできないかの分かれ道なのです。

 

たとえば店の商品を買って身につけなければいけないパートですと、何のために働いているかわからない状態になります。パート勤務は入ってくるお金はそう大差ないです。出すお金をいくら節約できるかが全てだと思います。

 

使わないですむ方法を考えることが貯まるコツです。そうすれば、パートカードローンを利用する事もないです。